編集ポリシー

カイシャラボ編集ポリシー

2018年9月1日 制定

1.基本原則

1.法令遵守を徹底する

2.読者および取材対象者に誠実なニュースメディアとして活動する

3.記者は常に専門的知見と教養を磨き、正確で分かりやすい情報を伝えることに努める

 

2.取材について

・記事執筆のために当社および当社の契約ライターよりメール、SNS、電話、訪問などの方法により取材をお願いする場合があります。

・訪問による取材を行う場合、特別な理由がない限りメール、SNS、電話いずれかの方法により事前に許可を申請いたします。(ただし、外観や公開されたフロア、商品の撮影などは申請なく行うことがあります)

・取材の理由、意図については取材前もしくは取材時に可能な限り開示するよう努めます。

・記事公開前に取材対象者に対する予定稿の公開は原則行っておりません。但し、取材対象者から提供を受けた著作物・写真などの利用については事前に使用範囲を明示し、許諾を受けたもののみを使用します。

・すべての記事で当事者への取材を行っているわけではありません。当社で独自に調査を行い、当事者への連絡なく記事を執筆する場合もあります。

・記事の性質や取材先のご対応、当社リソースの都合などの理由によりカイシャラボ編集部において資料の解釈や推測などをすることがありますが、的確・正確な解釈のために十分努力し、推測部分については「と思われる/推測される」などのように事実報道と分離して記載する等最大限の配慮に努めます。

 

3.引用・使用について

プレスリリース・開示資料の利用

 記事作成に必要な範囲内で出典となるプレスリリース記事や開示資料を明示したうえで許諾なく引用することがあります。

 資料をもとに当社で編集加工を行う場合は、引用元を明示のうえ当社で編集加工した旨を明記します。

ツイッター・インスタグラムの利用

 まとめ記事をはじめとした当社の記事において、Twitterサービス利用規約(ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾)およびInstagram利用規約の範囲内でTwitterまたはインスタグラム公式の機能を使用したうえで投稿者の許諾なくツイートを利用することがあります。

 ツイートを利用する際には他者の著作権を侵害していないかなどに十分留意して選定することにつとめていますが、もし記事内で引用したツイートが引用したユーザー以外の著作権を侵害している場合、大変お手数ですがTwitter社までご連絡をお願いいたします。

画像・写真・動画の利用

 当サイトにおいて使用する画像、写真および動画については、当社で取材・製作したもののほかに、作成者から使用許諾を受けたものやフリー写真サイト等ライセンスが明記された素材を使用する場合があります。なお、著作権は著作物の作成者に帰属します。

 ライセンスが明記されている画像については、ライセンスの範囲内で著作者の許諾なく使用いたします。

文章・画像等の引用について

 文章、画像、ホームページのスクリーンショットなど、記事の制作・掲載に必要な最低限の範囲かつ著作権法の範囲内において著作者の許諾なしに著作物を下記の方法で引用する場合があります。

・引用部分を以下の方法で明示する

引用元の例

・以下のいずれかの方法により出所を明示する

  1. 本文中に出典を記載し、出典元となるWebサイトにリンクする
  2. 引用部分に出典を記載し、Webサイトが出典元の場合は出典元となるサイトにリンクする
  3. 記事末尾に出典を記載し、Webサイトが出典元の場合は出典元となるサイトにリンクする

(参照元:文化庁「著作物が自由に使える場合」

調査元の明示

 できる限り読者が検証可能な記事となるよう、原則として調査元の明示を行っております。

 ただし、調査元が複数多岐にわたり記事の視認性に大きな影響がある場合等、調査元の明示を行うことができない場合がありますのでご了承ください。

 ※著作権法上の引用を行う場合は上記「文章・画像等の引用について」に基づいて必ず出典を明示いたします。

 

4.窓口の設置について

 当社では基本原則である「法令順守」と「正確で分かりやすい情報の提供」を担保するため、著作権侵害に関する窓口及び誤報・訂正に関する報告窓口を設置しております。

 下記(1)、(2)いずれかの要件を満たす場合、当社にて配信記事の再審査を行いますので窓口までお問い合わせください。

(1)当社記事の内容が著作権を侵害しており、著作物の著作者本人であることを示す資料がある場合

  著作権に関する窓口

(2)当社記事の内容が誤報であり、第三者が検証可能な反証となる証拠がある場合

  誤報に関する窓口

カイシャラボ